禅宗物語
トップ > 禅宗物語 > 50 一人も雨に降られない

一人も雨に降られない

ある禅師が短い言葉を書い弟子達に考えさせた。その内容は以下の通りである

「長々と降り続く雨の中二人が歩いている。ところが一人だけ雨に濡れなかった、どうしてか?

の話を見て弟子たち激しい議論を始めた。

ある弟子はこういった「雨の中二人が歩いているが、一人は雨に濡れていない。それはきっと彼がレインコートを着ているからだろう。」

またある弟子は、「それは時雨だからだろう。時雨には馬の体も一面が雨に濡れているが、向こうは乾いていることがある。二人は雨の中歩いているが、一人が濡れておらず、乾いている。それは別に驚くべきことはない。」と

またもう一人の弟子は得意げに言った「あなた達は全部間違っているよ。『長々と続く雨』と師匠は言っただろう、なんで時雨と言えるの。それはきっとふたりの中の一人がの下歩いているに違いない。」と。

このように、互いに議論を戦わせていたが、それぞれ言った内容は全て理に適うようで、また理に敵わないようでいた。なかなかきりがなかった

最後になって、禅師はもう十分だと思って、謎を出した、「君たちただその『一人降られない』にばかり執着し、しかも執着しすぎただから議論も盛んになった。しかしその議論のせいで、君たち真理からますます遠くなってしまった。実はね、いわゆる『一人降られないは、つまり二人とも濡れたということだよ。」

の立場で考えると、聞かれた内容から答えるべきではなく、聞かれなかった方を先に考えるべきである。禅宗の語録は何千巻る。ざっと読むと、ほとんど問答式のものであるが、実は、聞かれたこと必ずしも答えなければならないものではなく、答えたものは必ずしも聞かれたものでない。問答には論争があり自ら悟ることには論争がない。問答はクイズではな、答えること以外にまたこれというものがあるだろうか

1036 人数