禅宗物語
トップ > 禅宗物語 > 27 私に何を放下させるのか?

私に何を放下(ほうげ)させるのか?

唐代に、厳陽尊者(げんようそんじゃ)が趙州(ちょうしゅう)禅師に「一物が将来(ある結果をもたらすこと)しない時、いかがしますか。」と尋ねました。つまり、禅を修業する途中で、私は全部を捨てましたが、次はどのようにしましょうかという意味でした。

趙州禅師は「放下(ほうげ<心にかかえているものを下に下ろす>)してください。」と返事しました。

厳陽尊者(げんようそんじゃ)は「私にはもう何も残っていないのに、なぜ、私に放下しろとおっしゃいますか。何を放下しましょうか。」と不思議に聞きました。

趙州禅師(ちょうしゅうぜんじ)は「放下できなければ、担いでいこうぞ。」と教えました。

厳陽尊者はその言葉を聞いて、はっとその意味を悟リました。

 

 


 

1299 人数