禅宗物語
トップ > 禅宗物語 > 36 先にコップを空けて

先にコップを空けておいたほうがいい

 

大学で禅学を教えている教授がいました。ある日、この教授は南隠禅師(なんいんぜんじ)のところに行って禅について聞こうと思いました。

南隠禅師はまずお客さんをお茶でもてなしました。そして、コップの中に茶の葉を入れてお湯を注ぎました。しかし、お湯がいっぱいになっても、気がつかないように注ぎ続けていました。

その時、教授は驚いて、机に溢れたお湯を紙で吸い上げて、「コップはもういっぱいですよ、注ぐのをお止めください。」と言いました。

南隠禅師はやっと止めました。そして、「今、このコップにお湯がいっぱいですね。ですから、もうお湯を注ぐことができません。このコップのように、あなたの頭には禅についての考えや思想がいっぱい充ちています。ですから、禅を学ぼうとするなら、まず、頭の中を空っぽにしておいたほうがいいと思いますよ」と、禅師はニコニコしながら言いました。

 


 

1641 人数