禅宗物語
トップ > 禅宗物語 > 49 目玉が欲しい

目玉が欲しい

 雲岩禅師草履を編んでいる時、山禅師がそそばを通りかかった。こう言った。「先生、一つ欲しいものがありますが、よろしいでしょうか。」

「何だね?」と雲岩禅師返事をした。

山禅師遠慮せずに、「先生の目玉が欲しいのです」と言った。

雲岩禅師は穏やかに言った、「目玉だと?自分の目玉はどうしたのかね?」

山禅師は、「自分には目玉がありません」と言った

雲岩禅師にっこりと笑って、「もし、あなたに目玉があるとしたら、どうしようと思うのか?」

は応答に困った。

すると、雲岩禅師は真剣な顔をして改って山禅師に言った「あなたの欲しい目玉はおそらくわしのものじゃなく、あなた自身の目玉だろう」と。

今度は洞山禅師口ぶりを変え、「実は自分の欲しいものは目玉ではありません」と言った

雲岩禅師はついこの前後矛盾した言い方に我慢できず、「出て行け」と山禅師を怒鳴った。

山禅師は全然驚かず然として、「外に出ても構いませんが、ただ自分には目玉がありませんから、これからの進むべき道どうにも見えません」と言った。

雲岩禅師は手で自分の撫でながら、「ずっと前あなたに渡してあるじゃないか。今また、なぜ見えないなんて言うか」と山禅師に言った。

山禅師はそこで直ちに悟ったのだった

他人に目玉をもらうとした洞山禅師は、実に怪しいことだ。雲岩禅師みたいな偉い人でも、最初ただ「目自分のにあり、他人にもらものではない」ということしか教えられなかった。最後に山禅師が本当に欲しいのは肉眼ではないと分かったから、雲岩禅師は今度は「心眼」という道を教えたのだ。それを知って初めて、今度は山禅師が悟ることができた。

肉眼をもってこの世間のすべてのこと見渡せる。それはただ表面的で、有限で、現象的なものに過ぎない。心眼をもってこそこの宇宙のすべての物事の本質が観察できる。このような観察は普遍性があり不変的なものである。洞山禅師肉眼をもっていて進むべき道がまるで見えなかったおかしくはない。その道とは自分の正体であまさに仏になる目標であった。雲岩禅師に「心眼」の不思議な効用を教えられて、山禅師はとっさに悟ったのである

1249 人数