禅宗物語
トップ > 禅宗物語 > 34 人に助けてもらうより自分でやって

人に助けてもらうより自分でやったほうがいい

 

   仏印禅師(ふついんぜんじ)と蘇東坡(そとうば)が霊隠寺を見物していました。仏印禅師は観音菩薩像のまえで合掌して拝みました。

すると、蘇東坡は「人々は皆念珠を持って観音菩薩を拝むが、なぜ観音菩薩も同じように、念珠を持っていらっしゃるのか。観音菩薩は誰を拝んでいらっしゃるのか」と聞きました。

仏印禅師は「観音菩薩です」と答えました。

蘇東坡は「なぜ自分を拝むのか?」と聞きました。

仏印禅師は「人に助けてもらうより自分でやったほうがいいということがよく分かっていらっしゃるからです」と答えました。

 

2564 人数