ニュース

朱清時院士が雲林書院で、「科学と仏法」について講ずる

 

 杭州霊院寺、騰訊大網、杭州仏学院が共催する「雲林書院文化論壇」が2015年6月14日午後、杭州仏学院の大講堂で挙行された。先ず中国科学院の院士である朱清時教授が論壇に立ち、「科学と仏法の合流処――現代科学技術をもって改めて佛典を学ぶ」をテーマに科学と仏法との関係について興味深く講じた。

 朱清時院士の話の中で特に人々を魅了したのは、科学的な情報を例証にしながら、現代科学の研究成果は『心経』に述べられている「五蘊皆空」の境地ときわめて類似しており、また、現代科学研究のデータ、実験、推理も仏法との間に正に同様な原理が存在する。この内容の発表に出席者の大くが深い感慨に打たれた。会場はほぼ満席で、杭州仏学院の法師、学生、各地からの居士、信者合わせて400人ほどの人々が出席した。なお会議司会は杭州仏学院の慧観法師が務めた。

話し合いの司会をする‘騰訊大網’のCEO傅剣鋒

討論会上

質問に立つ法師

鋭く質問する聴講者

4825 人数