ニュース

江干区佛教協会成立大会が開かれ、光泉大和尚が出席し祝辞を述べる

 201年6月6日、杭州市江干区佛教協会成立大会が竜居寺で挙行され、念勇法師が区佛教協会の初代会長に任命された。この大会には杭州市民族宗教事務局、江干区の区委員会、区政府及び関係部門の責任者、江干区の四衆弟子百名余が出席し、杭州市佛教協会会長の光泉大和尚が祝辞を述べた。光泉法師は祝辞の中で江干区佛教協会に対して次のような四つの期待することを述べた。一、法制意識を強化し、法をもって会を運営すること。二、組織の建設を強化し、架け橋の働きを発揮するようにすること。三、制度を完備させ、粛々と仕事を進めて行くこと。四、人材の養成に力を入れ、健康的な発展を図っていくこと。

 江干区佛教協会は西湖区、濱江区に次ぎ、杭州市の第三の区レベルの佛教組織である。この成立は杭州市東部地域の佛教事業が規範化され、秩序正しく、健康的な発展軌道に乗っていることを意味している。

認可された公文書を読む区の責任者

佛教協会の構成者リストを読みあげる区の責任者

 

 看板が授与される

 

 祝辞を述べる杭州市佛教協会会長の光泉大和尚

 

 成立大会に出席した各界からの代表者

 

 全員の記念撮影

4870 人数