ニュース

霊隠寺で「禅七」の終了儀式が行われ、初めての禅七がここに円満に終了す

2015年1月15日、霊隠寺では「解七」(禅七の終了式)が行われ、ここに今回の禅七が円満に終了した。

当日の午前、住職の光泉大和尚は「解七」の儀式を主導した。「解七」の前に、光泉大和尚は今回の禅七法会の特殊縁起を述べた。その中で、今後の実生活にわたって精進し、参し、悟し、いつでもどこでもこれを生かし、さらに発心してほしい旨を開示した。

 

 

「解七」の儀式

巡香する(坐禅の状況を見て回る)

警策を与える

功を確かめる終了式

「生死の暇」を取り消す 功を確かめる終了式

2283 人数