霊隠文化

杭州仏教界の托鉢行脚による供養金、30万元を「五水共治」に寄付する

信者の供養を受ける杭州市仏教協会会長の光泉大和尚

福田(ふくでん)に蒔く

仏光に普く照される大千世界、山林を歩く僧宝たち

法師にお水を供養する信者たち

富貴の種がこの時、芽生える

DVでこの素晴らしい光景を記録する

 

 

お花で供養し、美しい福報の種を撒く

恭敬する人々

托鉢行脚の縁起と意義について開示する、杭州市仏教協会会長の光泉大和尚

托鉢行脚で供養された30万元を社会の公益事業に寄付する

「杭州雲林公益基金会」の看板の除幕を行う

祈福法会の文疏を唱える杭州市仏教協会会長の光泉大和尚

杭州仏教界の15名の大徳長老がともに祈福法会を主導する

托鉢行脚の祈福法会に参加する杭州仏教界の320名の僧侶

法会の後、霊隠寺の斎堂で供養を受ける法師たち

 2014年5月6日(旧暦四月八日)は本尊釈迦牟尼仏のお誕生日である。杭州市仏教界によって挙行された2014年「東南佛国・杭州」の托鉢行脚(福慧行という大型の仏教慈善活動)に霊隠寺から70名ほどの法師が参加し、仏陀の時代の比丘僧団(仏教僧団)の托鉢行脚生活を再現した。托鉢行脚で供養された30万元のお金はすべて「五水共治」というプロジェクトに寄付され、人間仏教(じんかんぶっきょう)の慈悲精神を高揚した。当日、霊隠寺「杭州雲林公益基金会」の標識を披露する儀式も行われた。

 今回の托鉢行脚には、杭州市仏教協会の会長で霊隠寺住職の光泉大和尚、杭州市委統戦部副部長、杭州市民族宗教局楊志剛書記長、杭州市民族宗教局呉国強副局長、杭州市仏教協会の副会長定本法師などがそれぞれ参加した。この中でも光泉大和尚は重要な開示を行った。

 

981 人数