ニュース

第2回霊隠山文化国際フォーラム及び『霊隠寺誌』研究ワークショップ会議が杭州仏教学院で開催

240428.jpeg

2022年6月18日、第2回霊隠山文化国際フォーラム及び『霊隠寺誌』研究ワークショップ会議が杭州仏教学院で開催された。現在のコロナ状況によって、今回のフォーラムはオンラインとオフライン二つの形を持って、仏教界、学界から計40人余りの法師、学者代表及び杭州仏教学院大学院生の学僧が会議に参加した。

セミナーで「霊隠建築」をテーマし、これをきっかけに、仏教界、学界の分かち合いと交流を促進した。歴史の面で、枠組み作り、研究の方法、文化的基盤など角度の深化と革新を推進した。また、霊隠寺の建設を深く引き上げ、仏教界と学界との歴史、芸術、文学、宗教学、社会学などの面での検討や交流をした。

932709.jpeg

シンポジウムは午前と午後2回に分けて交代で発表と評議が行われ、上海大学宗教・中国社会研究センターの黄繹勲教授、中国人民大学仏教・宗教学理論研究所の温金玉教授が学者を代表して発表し、中国計量大学の邱高興教授が大会のまとめをした。慧観法師は、「霊隠山文化に関する今回のワークショップは、形や視点が多様的で、内容も充実です。杭州霊隠寺の建築の面での研究に重要な貢献をしました」と述べた。


2028 人数