ニュース

杭州市民宗局が霊隠寺のデジタル活用シーンを調査・指導した

640.jpeg

5月6日午前、杭州市民宗局党組のメンバー、二級巡視員の王徳好氏一行は杭州市霊隠寺に赴き、一体化総合サービス応用シーンの建設を調査・指導した。

王徳好氏一行は現場で霊隠寺デジタルホールを視察し、「霊隠寺一体化総合サービス」応用シーンの開発・建設状況の説明を聞き、専門スタッフと共にシーンの深化・改善作業を研究した。王徳好教授は霊隠寺が宗教分野のデジタル化改革と応用シーンの建設を強力に推進し、現代寺院の知恵管理の効能を絶えず向上させていることを十分に肯定的に評価し、現代寺院は現代管理理念と先進管理制度の導入をデジタル化改革の中に溶け込ませ、重大な需要に焦点を当て、効果を実現しなければならないと強調した。デジタル改革をもっと寺院の管理とサービスの面に重要な役割を果たし、効率の共有を推進しなければならず、既有のシステムとシステム開発の相互関連も把握し、補完応用しながら、同時に「一つの革新、周りに共有」をめぐって、適時に他の寺院と場所を広げる。デジタル改革で、灵隐寺はそのトップを目指し、全国で影響力のあり、コピー可能で共有できる応用シーンを創造する。

 


2362 人数