ニュース

莫干山天池禅寺で復旧工事の起工式

640-12.jpeg

2022年4月20日午前、浙江省仏教協会直属の寺院である莫干山天池禅寺で復旧工事の起工式が行われた。浙江省仏教協会会長光泉法師が撒浄式をしゅさいした。

640-13.jpeg

式典後、浙江省仏教協会会長の光泉法師が歓迎の辞を述べ、プロジェクトの状況を紹介した。浙江省民宗委員会の鍾新章副主任、浙江省機関事務管理局の劉文波副局長がそれぞれ祝辞を述べ、復興プロジェクトに祝賀の意を表した。続いて、会議に出席した指導者とゲストは共同で莫干山天池禅寺復建プロジェクトのために看板を掲出し、土寄せして定礎した。

640-16.jpeg

天池禅寺、莫干山国家級景勝地に位置して、今から700年余りの歴史がある。歴史の籍によると、寺は元の興順年間(西暦1330-1333年)から始まり、かつ元翁信、玉芝禅師などここに停留し、禅を広めていた。明と清の時代以来、何度も興った。昔から文人雅士は天地禅寺を遊歴して、多くの詩、旅行記と崖の石刻を残して、深い自然と人文文化を蓄積しました。

将来、復建される天池禅寺は浙江仏教文化の認識度を持つ「黄金の名刺」となり、浙江仏教事業の健全な発展のために力を集めると信じている。


2517 人数