ニュース

杭州霊隠寺、12月21日から一般開放へ

灵隐寺35.jpg

12月21日から、杭州霊隠寺は常態化した疫病予防管理を実施し、秩序正しく正常な開放を再開した。

杭州市の今回の疫病対策は段階的な成果を収め、情勢は好転している。科学的に正確に疫病予防管理の仕事を行うために、杭州市疫病予防管理弁公室の「社会的疫病予防管理措置の秩序ある開放に関する通知」の精神に基づき、杭州霊隠寺は省と市の疫病予防管理の要求を厳格に実行し、安全で、秩序ある正常な開放を実施した。

杭州霊隠寺に入る観光客と信者は、自発的にマスクをきちんと着用し、自主的に検温、検温、実名登録、「健康コード」の検査を受けることになっている。行列は人と人の間で1メートルの安全距離を保つなどの予防・統制措置をしっかり行う。中・高リスク地域からの帰杭者が寺院に入るには、48時間以内に核酸陰性証明を提出しなければならない。観光客と信者が各防疫規定を遵守し、疫病予防・コントロール意識を高めることを希望する。


3192 人数