ニュース

浙江省仏教協会第7期第19回会長会議が杭州で開催

640-2.png

2021年12月10日、浙江省仏教協会第7期理事会第19回会長会議がオンラインとオフラインを組み合わせた形で杭州霊隠寺で開催された。省委員会統一戦線部民宗処の毛秋紅処長、省民宗委員会宗教一処の楼剣涛処長が出席し指導した。省仏協名誉会長道慈法師、会長怡蔵法師、副会長光泉、惟航、允観、可祥、誠信、智明、信光、月真、達照、賢宗法師、秘書長金幸祥も会議に参加した。会議は光泉法師がオフラインで司会した。

640-1.png

会議は浙江省仏教協会第8回代表者会議の代表資格審査報告を審議し、第7回理事会活動報告、財務審査報告、規約改正説明を検討し、第8回理事会理事、常務理事などの議題を検討した。

会議では、全省の各仏教団体、仏教学院、仏教寺院が管轄地域の政府に自ら協力し、COVID—19の流行予防とコントロールの仕事を着実に行い、全局の意識を強化し、全省人民と禍福を共にし、社会全体の調和と安定を確保するよう求めた。

 


3249 人数