ニュース

六月が晴れ、墨の香り  経典を干し、法味の清涼--霊隠寺の経典干しの活動

微信图片_20210804103009.jpg

三宝の慈悲の光を浴びて、経典の墨香が漂う。七月中旬以来、杭州霊隠寺の蔵経楼は毎日収めた経典を出して干す。

杭州の夏は蒸し暑くて、また、ちょうど梅雨明けのところで、湿度が高い。寺内に収めた経典にはかびなど生えやすくなる。旧暦の六月の梅雨が明けた後、霊隠寺の法師は「雲林ボランティア」たちと一緒に経典を開けて干す。

微信图片_20210804103107.jpg

ボランティアたちはまず手を洗い、焼香し、そしてお経を唱え、恭しく経典を出して、埃を払って、めくる。

これによって、かびや虫食いなどを防ぐ。このような活動でボランティアたちは経典に尊敬の気持ちを持って、三宝の慈悲の加持や仏法からの利益を得る。

また、経典を干しのは長く保存するため一方、仏弟子は経典の意味を深く理解し、未来悟りの境地に達するの種となる。

微信图片_20210804103035.jpg

750 人数