ニュース

杭州霊隠寺住職光泉大和尚は法師や居士たちを率い、普陀山観世音菩薩の道場を礼拝する

微信图片_20210716163736.jpg

2021年7月15日、旧暦の六月六日、杭州霊隠寺住職光泉大和尚は法師や居士たちを率い、普陀山観世音菩薩の道場を礼拝した。

微信图片_20210716163742.jpg

朝八時、杭州霊隠寺住職光泉大和尚は同行する人たちを率いて、普陀山の港から上香古道の妙庄厳路に沿って、拝んで登る。

古来、妙庄厳路は普陀山礼拝の主な道である。また、上香古道は短姑道頭から、白華庵、正趣亭、三聖堂を経って、普済寺まで約3800メートルがある。

微信图片_20210716163713.jpg

盛夏の普陀山は炎天下で礼拝団の皆はインキンの快音で整斉の列で進む。皆は堅固な意志や願力で観世音菩薩の無限な慈悲や知恵に向かって礼拝する。

列は数百メートル延々し、沿道の観光客はそれに感動されるのが少なくない。列に参加した人や供養する人も多い。

微信图片_20210716163731.jpg

霊隠寺の雲林団のボランティアたちは水の提供、薬品の準備、さらごみの収集まで、何から何までの保障で今回の活動を支援する。

微信图片_20210716163719.jpg


ちょうど正午のところ、礼拝の列は続々普済寺に着く。その疲れやかいた汗は普済寺円通宝殿に入った瞬間に法喜や心の清涼に昇華した。皆はとても喜んでいた。

微信图片_20210716163708.jpg

観世音菩薩の慈悲の目の元で、礼拝の皆は誠心に回向し、また来年も礼拝したいと、また、極楽に往生、観音様に会うようにと願った。


487 人数