ニュース

「慧日千輪、弈道清涼」及び「雲林杯」第十三回「夏蓮の香りが漂い、碁石の音を立てる」三人囲碁リーグ戦が行われた

微信图片_20210712091925.jpg

2021年7月11日、「慧日千輪、弈道清涼」及び「雲林杯」第十三回「夏蓮の香りが漂い、碁石の音を立てる」三人囲碁リーグ戦が杭州霊隠寺で二日間にわたって行われた。

「慧日千輪、弈道清涼」の「慧日千輪」は現在賢劫の「千仏」のことを指している。釈迦牟尼仏はその賢劫で第四の仏である。経典で「衆生皆具仏性,衆生皆能仏佛」があり、「千仏」はここでコンテストの参加者のことを指す。

微信图片_20210712091821.jpg

杭州霊隠寺監院戒法法師は光泉大和尚の委託で挨拶する

微信图片_20210712091829.jpg

中国囲碁協会主席林建超の挨拶

微信图片_20210712091841.jpg

全国政協常委、港澳台僑委員会主任朱小丹

微信图片_20210712091746.jpg

囲碁への道は深くて豊である。白と黒の二元世界で盤面を通して、宇宙と人生の知恵を理解する。また、仏教の発展と伝播とともに、囲碁と仏教と融合し、仏教文化に深く影響されている。

微信图片_20210712091752.jpg

仏教を信仰する梁の武帝が囲碁を寺院で広めた。「寺々皆囲碁の音が聞こえる」の風景となり、僧侶たちは囲碁で付き合い、囲碁で仏法を広めるようになった。その中、高僧の鳩摩羅什、一行、道済など、囲碁は個人の修行にいい影響に与えたことを認めた。

杭州霊隠寺は2009年から積極的に「禅の囲碁」という文化を広め、囲碁教室、僧侶の囲碁選手の養成、囲碁コンテストなども行った。囲碁と個人の修行と合わせ、現代社会でも役に立つようにする。

微信图片_20210712091913.jpg

仏教を信仰する梁の武帝が囲碁を寺院で広めた。「寺々皆囲碁の音が聞こえる」の風景となり、僧侶たちは囲碁で付き合い、囲碁で仏法を広めるようになった。その中、高僧の鳩摩羅什、一行、道済など、囲碁は個人の修行にいい影響に与えたことを認めた。

杭州霊隠寺は2009年から積極的に「禅の囲碁」という文化を広め、囲碁教室、僧侶の囲碁選手の養成、囲碁コンテストなども行った。囲碁と個人の修行と合わせ、現代社会でも役に立つようにする。


483 人数