ニュース

同じお願い一緒に歩くーーー浙江省五大宗教団体の責任者が共に灌仏会をお祝いする

6375746708622595943935444.jpg

    2021年5月9日(旧暦の四月八日)、浙江省民宗委の副主任鐘新章は省の各宗教団体の責任者と一緒に杭州霊隠寺に行かれ、灌仏会をお祝いしました。

935504.jpeg

    鐘新章は省の民宗委を代表して、浙江省の仏教界へ灌仏会のご挨拶とお祝いをしました。期間、各宗教団体の責任者は灌仏会を見学し、自ら各イベントを体験し、お互いに平安をお祈りしました。その後の茶会にて、みんなは禅の茶文化を体験しながら、自分の宗教のことも考えて体験談をしました。

6375746715188647473652439.jpg

    みんなは、各自の宗教の祭日にお互いにお祝いするのはともて大切だと言及しました。お互いに尊敬しあい、理解しあい、寛容な宗教環境を作るのは、お互いに交流を促進できますし、大同につき小異を残すことを実現できます。これは宗教を中国化にし、各宗派の間に良い関係を作る新しい方法でしょう。

    各宗教は教義教理教規にて異なっていますが、目標は同じです。それは中華民族の復興支援と国家発展のためです。一緒に浙江省の重要な窓口となることへ更に貢献します。

    2018年以来、省委統戦部、省民宗委と各省級宗教団体の積極的に提案した上で、浙江省宗教界はすでに重大な祭日にお互いに訪問することとお祝いすることをするようになりました。今後、省民宗委はこのようなイベントを継続していきます。宗教中国化を実現し、全省の宗教平和、和諧社会ができるように努力して促進していきます。

455268.jpeg

    毎年の旧暦の四月八日は、釈迦の誕生を祝う記念をします。その日は灌仏会を呼びます。灌仏は、仏陀のことを記念するだけでなく、行事により心の中の汚れを洗い出すことを意味します。

6375712049918536044629715.jpg

1286 人数