ニュース

清明に祖師を追思し、弘一大師の舎利塔で供養法会を催す

  2018年4月5日は中国伝統行事の一つ、清明節に当たる。霊隠寺では清明に祖師を追思するため、「祭祖の法要」が挙行された。常住僧および居士、信者たちが杭州の虎跑寺の弘一大師の舎利塔に集まり、供養法会を行った。一同は施食し、読経することによって、一代の律宗の高僧の法恩を思い念じた。

  祭祖の法要によって、歴代の祖師大徳が仏灯の相続と法輪の常転に力を尽くしたご恩を讃え、さらに、古徳を追想することによって、仏法の根本を忘れないようにし、後継者たちが道にさらに精進し、遺志を受け継ぎ、戒を師として、正法を高揚せんとするものである。


舎利塔前で祭祖の法要を催す


香を焚き、法会を主導する義広法師


敬虔に礼拝する



舎利塔を恭しく回る

487 人数