ニュース

「雲林円夢」奨学金の授与式が浙江大学で挙行される

  2017年11月4日、霊隠寺所属の杭州雲林公益基金会が主催した、「雲林円夢」奨学金の授与式が浙江大学紫金港キャンパスで挙行された。浙江省学生支援管理センター主任の陳龍春氏、浙江省教育発展センター学生就職工作部主任の朱偉君氏、杭州雲林公益基金会秘書長の正勤法師、浙江大学学生工作部部長の鄥小撑氏及び浙江省内の八大学から奨学金を授与される60人の大学生らがこの授与式に参加した。

  授与式では、浙江大学学生工作部部長の鄥小撑氏、杭州雲林公益基金会の王華先生、浙江省学生支援管理センター主任の陳龍春氏、奨学金を授与される大学生の代表である浙江大学の蒋学全君がそれぞれ挨拶をした。

  今回の「雲林円夢」奨学金は浙江大学、浙江工業大学、浙江師範大学、杭州師範大学、浙江農林大学、浙江理工大学、浙江工商大学、浙江漢方医学大学など浙江省内の8校の大学から推薦を受け、貧しい家庭出身の60名の大学生に奨学金を授与し、彼らの大学での学習を容易にしようとするためである。

  杭州雲林公益基金会の設立以来、国内の多数の大学に「雲林教育基金」や「尚徳学子奨学金」などの奨学金や教育奨励金が設立された。これは大学の教師及び学生が研究や学習に専念し、積極的に文化の伝承さらに文化の創造へと貢献することができるようにするためである。


杭州雲林公益基金会の奨学金授与式式場


挨拶する鄥小撑氏


挨拶する陳龍春氏


奨学金を受け取る大学生代表の挨拶


奨学金を授与された大学生たち


記念撮影

 

16 人数